About RGB

Established in 2007 under the themes of "light and form", RGB creation has designed and directed spaces for art, stage and music events. We specialize in minimalist design by assembling simple structures to create three-dimensional objects.

We also believe that our work at RGB creation is to imagine and propose designs that have not yet been realized in the world. In particular, we want to make an attempt at visualizing a certain event in time through the creation of visual symbols. This process helps us to create unforgettable experiences. An example of this is a documentation of the 11th March, 2011 tsunami, where we used lighting to create light lines which depict the areas which the tsunami hit.

We think it’s important to maintain our traditional cultures and heritage, adapting them with technology and in turn supporting Japanese artisans. We hope this will bring a new perspective on Japan.


2007年設立。「光と形」をテーマに、アートや舞台、音楽イベントなどで空間のデザイン・演出をおこなってきました。シンプルな構造のモノを集合させ立体物をつくり、ミニマルなデザイン・演出に落とし込むことを得意としています。

また、RGB creationの仕事は、まだ実現されていないデザインを提案することだと考えています。そのひとつとして、ある事象を記号化し可視化させる試みは、とくに実現させたい。物体はそこに存在していないけれど、事象は確実に存在していたことを表現したい。たとえば、私たちが忘れてはいけない3.11の津波の記録。津波に侵食された境界線に照明を並べ、光で結び、再現するといったように。

2020年代以降、日本人である私たちが表現するうえで必要になってくることは「日本の文化 × テクノロジー × 体温」と考えています。この3つをかけ合わせ、世界から日本をもっと面白いと思ってもらえるような表現、事象をみなさんと作れたらと思います。

About